warning: Memcache::set(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /var/www/root/sites/shared/drupal/6/sites/all/modules/memcache/dmemcache.inc on line 42.

フィッツロイ・ハウス ―
イギリス、ロンドン

かつてジョージ・バーナード・ショーの住まいだったフィッツロイ・ハウスは、1956年、L. ロン ハバードの活動と、国際ハバード・サイエントロジスト教会ロンドン・オフィスの本拠地となりました。
ロンドンのフィッツロイ・スクエアを囲む、名高いフィッツロビア街区は18世紀の頃から、多くの作家や芸術家たちが住み、そこで創作活動を行ったことで有名です。H.G.ウェールズ、ジョージ・オーウェルから、チャールズ・ディケンズ、そしてヴァージニア・ウルフまで、イギリス文学の紛れもない名士たちをフィッツロビア街区は輩出してきました。アイルランドの劇作家であるジョージ・バーナード・ショーは、サイエントロジーの歴史における伝説的住所、フィッツロイ通り37番地の1階に、 1881年から82年まで住んでいたという特別な経歴もあります。

1956年の後半、フィッツロイ通り 35/37番地は、ハバード・サイエントロジスト協会が購入し、L. ロン ハバードのロンドンのオフィスとして、また当時のサイエントロジー組織の本部としての役目を果たしました。この5階建ての建物には、イギリス連邦を世話するハバード・コミュニケーションズ・オフィスがあり、加えてサイエントロジーのコースルーム、ロンドンとイギリスすべての組織の管理運営の場がありました。

最初のハバード・コミュニケーションズ・オフィスは1階にあり、サイエントロジー宗教の発展を意図してつくられていました。また、そこにはサイエントロジーのデータと情報が「損なわれずに、そのままの状態で」保たれています。急成長する宗教のためのL. ロン ハバードのコミュニケーションは、このオフィスから世界に向けて送り出され、またここで受け取られ、彼のサイエントロジーの記事、会報がここで出版されました。

フィッツロイ・ハウスは、今日完全に改装、復元され、イギリス中にサイエントロジーが広まっていった年代ごとの記録、そして年代を通してロンドンに住み、活動していたL. ロン ハバードの画期的業績の数々が展示されています。

サイエントロジストたちは、ハバードの調査における画期的な発見についてさらに学ぶために、この歴史的建造物を訪れています。ここはまた、地域の、そして国家の官僚、指導者たちの会合の場でもあり、彼らにサイエントロジー宗教について、また薬物からの回復、犯罪者の更生、そして教育の分野におけるハバード氏の人道的かつ社会改善につながる発見と業績を紹介しています。