L. ロン ハバード
概説

充実した人生を送ったかどうかを確かめる方法はふたつあります。L. ロン ハバードは、かつてこのように語りました。それは、やろうと思ったことをやったか。そして、自分が生きていたことを周囲の人たちは喜んでくれたか、というものです。最初の問いに対する証拠は、彼のライフワークすべてに表れています。そこには、ダイアネティックスサイエントロジーの1万2千冊以上の著作、3千本以上の講演テープも含まれています。そして2番目の問いに対する証拠は、彼が生きたおかげで、より良い人生を送ることのできた無数の人々です。L. ロン ハバードの教育に関する発見によって、2800万以上の生徒たちが字を読めるようになりました。L. ロン ハバードによる画期的な薬物リハビリテーションの開発のおかげで、何百万人もの男女が麻薬・アルコールの乱用から解放されました。彼の宗教色のない道徳律は、1億近くの人たちの心を打ちました。そして彼の作品を、生きていく上での精神的な支えとしている人たちが何百万といるのです。

続きを読む

 

創設者

L. ロン ハバードは次のように書きました。「私自身の哲学の第一の原則は、知恵はそれを得たいと思っている人のためにある、ということです。知恵は王様のみならず平民にも仕える僕であり、決して畏敬の念をもって見られるべきものではありません。」彼は、哲学は適用できなくてはならないという点をこれに加えています。 なぜなら、「カビの生えた本にしまい込まれた知識は、ほとんど役に立ちません。 ですから、誰かがそれを使えないのであれば、価値はないのです。」彼は最終的に、哲学的知識というものは真実かつ効果をもたらして初めて価値があると宣言しました。これによって、ダイアネティックスとサイエントロジーの特質が打ち立てられました。

L. ロン ハバードがどのようにこの主題をつくり上げたのかは、とてつもなく大きな物語です…

もっと詳しく知る

 

作家

かつてハバード氏は「一般的に見落とされているのは、私が作家活動によって自分の研究資金を得ていたということです」と語っています。彼は、その研究の成果でより広く知られていますが、彼の長編、短編小説が忘れられることは決してないでしょう。1929年から1941年の間に出版された彼の著作は1,500万語に上るので、L. ロン ハバードという名前は、1930年代において実質的に大衆小説の代名詞となっていました…

もっと詳しく知る

 

人道主義者

今世紀の多くの技術の驚異 ― 医学、交通機関、核エネルギー、電子通信にもかかわらず、私たちの住む社会はひどく混乱しています。薬物乱用、犯罪、道徳腐敗という三重の猛攻撃を受け、この世界の多くが荒廃した地と化していきました…

もっと詳しく知る

 

L. ロン ハバードの
遺産

作家、人道主義者、ダイアネティックスサイエントロジーの創設者としての偉大なる仕事の過程を通じて、L. ロン ハバードは地球上のさまざまな場所を訪れました。

彼の足跡を、町から町へ大陸から大陸へと地図をたどり、意義ある特定の建物(彼が画期的な発見をもたらした場所)を、当時ハバード氏が住み、仕事をしていた時と同じ状態を完全に復元しました。

もっと詳しく知る

 

 

 

もし私たちがすべての生命を理解できたとしたら、すべての生命に寛容になるというのは当然のことです。

L. ロン ハバード
『ダイアネティックス 55!』
より

—L. ロン ハバード

L. ロン ハバードの引用

Syndicate content